日本住環境評価センター株式会社

会社概要

Aboutus

会社概要

商号 日本住環境評価センター株式会社
所在地 東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3 2F
設立 平成15年12月
代表者 代表取締役 平田 実
資本金 4,000万円
電話 03−6264−8853
FAX 03−6264−8854
URL http://www.airis.co.jp
事業内容 住環境調査・評価・分析、セミナー企画、建物調査、不動産鑑定
許可番号 社団法人 日本不動産鑑定協会/登録番号 61179000
不動産鑑定業者/東京都知事登録番号 (1)第1913号
加盟団体 社団法人 東京都不動産鑑定士協会
社団法人 日本住宅建設産業協会
資格 住宅性能評価員/終了証番号第 06-0037号
CASBEE建築評価員/登録番号 01555-11
CASBEE戸建評価員/登録番号 戸00022-11
ホームインスペクター(住宅診断士)
関連会社 株式会社アドパークコミュニケーションズ
日本不動産総合評価トラスト株式会社 (日本RTSトラスト)
主要取引先(敬略称・順不同) 三菱地所レジデンス株式会社
三井不動産レジデンシャル株式会社
大和ハウス工業株式会社
野村不動産株式会社
野村不動産アーバンネット株式会社
東急不動産株式会社
東急リバブル株式会社
住友不動産株式会社
東京建物株式会社
東京建物不動産販売株式会社
伊藤忠都市開発株式会社
大成有楽不動産株式会社
新日鉄興和不動産株式会社
株式会社長谷工アーベスト
京阪電鉄不動産株式会社
丸紅株式会社
丸紅不動産販売株式会社
NTT都市開発株式会社
パナホーム株式会社
株式会社大京
株式会社コスモスイニシア
株式会社タカラレーベン
株式会社ジョイントレジデンシャル不動産
株式会社博報堂プロダクツ
株式会社日本経済広告社
株式会社日本経済社
株式会社読売広告社他、約60社

 

 

沿革

2003年

1月 不動産鑑定理論に住環境理論を合わせた「生活環境評価書」の開発に着手
3月 全国より各種住民統計、犯罪統計等の情報収集開始
4月 建物調査報告書リリース
12月 会社設立「株式会社全日本住宅評価サービス」
※㈱アドパーク代表取締役平田実資本、全国不動産鑑定士ネットワークより2名の役員招聘

2004年

2月 八重洲事務所開設
3月 生活環境評価書リリース
5月 ホームアドパークサイト内で調査結果の一覧表示コンテンツ開始
6月 全国農業共同組合(JA)向けに農地不動産鑑定書開発
7月 農地不動産鑑定書リリース
9月 生活環境評価書導入5社、6現場に

2005年

1月 地域分析レポート開発
2月 ㈱アドパークと共同で初の業界セミナーを開催
4月 テレビ朝日「スーパーJチャンネル」に住環境の専門家として出演
8月 浜松町(芝公園)に事務所移転
9月 生活環境評価書導入17社、42現場に
10月 ㈱アドパーク100%出資の子会社となる

2006年

4月 生活環境評価書リニューアル
9月 生活環境評価書導入35社、120現場に
10月 東京大学空間情報科学研究センター浅見泰司教授顧問就任(非常勤)
11月 設計図書調査報告書リリース

2007年

2月 「週間エコノミスト」2/27号に自治体分析の専門家として寄稿
4月 生活環境評価書導入55社、200現場を突破
8月 経済産業省住宅ストック流通促進委員会の委員として提言に係わり、社会実験に貢献。

2008年

8月 生活環境評価書導入80社、410現場に
9月 「日本住環境評価センター株式会社」に商号変更
10月 簡易建物調査報告書(AI−CHECK)リリース

2009年

4月 生活環境評価書導入80社、700現場に

2010年

6月 生活環境評価書導入84社、820現場に
11月 価格査定システム「査定番頭」リリース

2011年

1月 生活環境評価書から住環境調査へリニューアル
4月 防災対策や避難経路などを中心とした「災害データブック」リリース
10月 住環境調査 900現場に

2012年

4月 「査定番頭」賃料査定機能をリリース
5月 「査定番頭」センチュリー21本部より推奨システムとなる

2013年

4月 住環境調査 1000現場突破
12月 東京都港区より中央区へ移転

2014年

4月 住環境調査 1200現場に

2015年

2月 「査定番頭」公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会本部との業務提携により、推奨査定システムとなる

Interview

住環境の専門家に聞く

No. 003 東京大学 浅見泰司 教授に聞く

インタビューを読む

日本住環境評価センター

私たちは、不動産取引の安全及び流通の促進に貢献するために、既存の枠にとらわれない時代のニーズに合ったサービスを、不動産鑑定事務所としての専門的立場から提供しています。